シャスタ

【シャスタ山への旅1日目】フライトが・・・欠航?(泣) で、どうするか。

世界の7大聖山の1つ、米国シャスタ山へ6日間の旅へ

世界の七大聖山の1つといわれる「シャスタ山」へ6日間の旅へ出ました。

1.世界最高峰のエベレスト
2.日本の富士山
3.ペルーのマチュピチュ
4.エジプトのシナイ山
5.タンザニア・ケニアのキリマンジャロ
6.アメリカのセドナ
7.アメリカのシャスタ山。

七大聖山は、
それぞれの地域や国で、神が宿る山、
または歴史や宗教上、
重要な出来事が起こった場所として崇拝され、
大切に守られて来た歴史があります。

成田発16時のユナイテッド航空838便で、
サンフランシスコまで9時間。

そこから乗り継いで
現地近くのローカル空港まで。

2月末に10年来の知人であるOkuちゃんに再会したことがきっかけで
トントン拍子に話がまとまったのです。
こういう時は「導きの兆し」です。

何が起こるのか、
誰と出会うのか、
事前には分からない。

でも、行くべき「予感」がある、
といった具合で超ワクワクします☆

思わず、
2006年の野外冒険教育インストラクター合宿69日間に行った時に
購入したノースフェイスのトレッキングシューズを買い替えようと
アウトドアショップへ。

そこでメレルのトレッキングシューズをゲット!
こういうアイテムを準備するのも、
旅へのワクワクが高まります。

・・・と思ったら、
サンフランシスコ空港に到着後に
早速、とんでもないことが発生するのです。。

サンフランシスコ空港からの便が欠航?

空の青いサンフランシスコ空港には現地時間の午前9時に到着。
ここまではスムーズ。

昼すぎの国内便に乗り継いで、
シャスタ山から1時間ほどのreddingへ向かうハズ・・・でした。

ところが・・・3回くらいゲート変更の案内があって
オカシイなあと思っていたら、出発予定時刻が12時半→16時半に。

むむ、夕方の到着かあ・・・久しぶりのアメリカで、初めての場所に独りで
左ハンドルの車で運転して、夕方着は心細いなあ、などと思っているうちに
本来の出発時間12時半すぎに、なんと「欠航」の決定が!

「なんじゃそりゃ~!」と思いつつ、カウンターに並んでいたら
前のアメリカ人グループが、近くの空港行きの便への振替を交渉してる。

redding行きの便は、もう便がなくて、
もう明日にならないと乗れないので
手前のChicoという街まで飛ぶ便に振り替えがきくらしい、と。

いわば、
大阪に行くつもりが、とりあえず名古屋までは行ける、
という感じですね。

そうしたら、不意に後ろから
日本人の女性の姉妹に話しかけられました。

姉妹「あの~、シャスタまで行かれるんですか?」
航「ハイ、そうですけど?」
姉妹「添乗員なしの企画旅行で来てるんですけど、英語に自信がなくて・・・」

・・・ということで、
3人分まとめて交渉することに。(笑)

姉妹のほうは、本来の目的地まで迎えが来ることになっているので、
それを変更できないか、旅行会社に交渉。

私はというと、その姉妹の車に便乗して、本来の目的地まで行き、
レンタカーをしようというプラン。(笑)
迎えの人間がOKしてくれれば、乗せてもらえるわけです。

結局なんだかんだで、なんとかサンフランシスコで1泊せずに、
その日のうちにシャスタ山まで行けそうな、
綱渡りプランが出来上がり、ひと安心。

しかし・・・!

この時点で安心するのは早かった!
このあとも、予定外のコトは続くのでした。。

飛行機は飛んだ!でも、今度は荷物が・・・?(泣)

サンフランシスコ空港からレディングまでの便が欠航になり、
手前にあるチコ空港への便に振り替え、何とか17時前に到着。

ひょんなことから
同行することになった美人姉妹と空港に着いて
お迎えの日系ガイドさんとも交渉成立。

シャスタに行く途中のレディング空港まで
乗せて行って頂けることに。

ヤッター!!!(嬉)
やっと、旅らしくなってきたぜ。

・・・ところが、
喜ぶのは、まだ早かった!(笑)

荷物が出てくるのを待っていたら・・・

・・・あれ、荷物が出てこない!?

不思議なことに、3人のうち
1人分の荷物だけは出てきたんです。

私と、もう1人の分が出てこない。。

結局、カウンターで手続きしたら、
まだサンフランシスコ空港にあるらしい。

ガガーン、なんじゃそれ!(泣)

むかしイタリアのローマに初めて行ったときも、
手前のミラノで、荷物が誤って降ろされたことがありました。

仕方がないので、イタリアの街中にある
イトーヨーカドーみたいなスーパーに行って、
紳士モノのパンツだけ買った覚えがあります。(笑)

なので、まあ何とかなるさ、的な態度で
宿に届けてもらうよう手続き。

今度は、
日系ガイドさん居るから超安心☆

・・・ところが、
そうこうしているうちに、今度は
車で1時間半ほどのレディング空港に
着く時間が厳しくなってきました。

もともとレンタカー店の営業時間が18時までなのに、
交渉して「必ず行くから待っててくれ!」と言ってあるんです。

チコ空港を出たのが17時半。これだと、19時着?!!
これは、かなりヤバい。。

一難去って、また一難。

窓の外に広がる、
草原と青い空を見ながら

「けっこう飛ばしてくれてるし、制限速度をオーバーしてまで
急いでくれとはいえないしなあ・・・」

などとブツブツ考えてしまう自分が
悲しい。。(笑)

果たして、無事にレンタカーを
借りることができるのか・・・?

シャスタ山への旅1日目が、めっちゃ長い件。(笑)

レディング空港でのレンタカー、
もともとの契約は13:35~でした。

フライトが欠航になり、
近隣のチコ空港への便に振り替えるのに伴い、
営業時間ギリギリの18:00~に変更したのですが・・・

チコ空港で荷物が出てこないので
手続きをしているうちに、空港発が17:30に。。

チコ空港から、レンタカー店のあるレディング空港までは、
車で1時間半の距離。

・・・この時点で、すでにヤバいです。。

・・・で、
ドキドキしながら車の助手席に座り、

「もっと飛ばしてくれないかなあ」
なんて祈ってました。(笑)

・・・結局、
レディング空港に着いたのは18:50。

あやや、
施設の電気が落ちてて暗いよ!(泣)

バジェットレンタカーのカウンター暗いし。。

・・・とそこに!

隣の、違うレンタカー店のお兄ちゃん現る!

「すみません、バジェットの予約なんですけど!」

「・・・OK」

「・・・OK?」(超嬉)

どうやら、提携していて、
隣の営業時間終了後はカバーしてるみたいです。

何だかよくわからんが、
レンタカーのキーをゲットーーーっ☆

ブースに行くと、真っ赤な北米仕様のカムリ。

あれ、エコノミークラスだったような。
でも大きいからいいか。

こんなときに、トヨタだと
ちょっと安心感があるっ!(笑)

2年前のハワイ以来で久しぶりの
左ハンドルにドキドキ、でも少しワクワクしながら、
空港を出てハイウェイへ。

19時をすぎて、どんどん傾く夕陽に
またもやドキドキしながら、ひたすら北へ。

もう景色とか見てる余裕ないです。

初めての場所で、日没しちゃうと危険。。

しかも、
iPhoneのグーグルマップが頼り。(笑)

運転中はスクロールしちゃって
超、見にくいですっ!(笑)

さらに、そのiPhoneのバッテリー残量も
6%とかになって大ピンチ!(笑)

でもね・・・

途中から、北の方角に・・・

見えてきたんですよ・・・

シャスタ山が・・・!

おおお!感動!

この感じ、富士山に似てる。

シャスタ山と富士山は、対になっている
という話がありますが、ホント良く似ています。

少しずつ、シャスタ山が大きく見えてきて、
何だか自分の中に安心感が広がってきました。

「やっぱり来て良かった」と1日目にして
すでに思い始めるくらい。(笑)

そんなこんなで、なんとか1時間半後には
シャスタ山の南麓、マックラウドの街へ。

今回4泊お世話になる
「Stoney Brook Inn」には20:25着。

午前11時に東京・武蔵野市の家を出てから、
日付変更線をまたいで約26時間後に、
シャスタの麓に無事到着したのでした。

いや~、長い一日だった☆

プロ起業コーチ 青葉 航
ワクワク好きな仕事をして、
十分な豊かさがあって、
周囲に喜ばれる生き方をしよう!

 
あなたが持って生まれた
「強み・才能」を引き出し、
起業・経営マネジメント力をアップする
コンサル・研修を提供しています。

起業支援歴24年の経験を活かし、
・転職
・フリーで独立
・店舗開業
・会社やNPOの起業
などを「人生の転換期」で
準備するあなたの
安心できるサポーターとして活動中。