NLP心理学

「メタファー」を使った「物語」のテーマを当ててみませんか?

今日は、16日間のNLPセミナーの15日目。
トランスやメタファー、リフレーミングを扱いました。

その中でも
「メタファー」について。

ん?

「メタファー」
って何じゃ?

「メタファー(Metaphor)」とは
「比喩」のこと。「隠喩」とも訳されます。

メタファーの中でも、
深いものは意味をもった「物語」の形になるようです。

「スターウォーズ」とか
「ロード・オブ・ザ・リング」とか♪
「ナルニア国物語」なんか、モロに
「物語」って入ってますネ。(笑)

むかし・・・
中学生くらいでしょうか、国語の時間に「比喩」を
習いましたよね?

そこで確か
「直喩」と「暗喩」がありましたよ・・・ね?(笑)
(私もちょっとオボロゲになってますが)

ここでいう「物語」というのは
たとえ話、寓話、お伽話のようなもので「隠喩」ともいいます。

無意識の心は、意味を求める性質があるので
直接に言わないことで
普段の意識を超えて直接に無意識に届き、
それを活性化するようなんですね。

何かのテーマを、その言葉を使わずに
間接的に伝える。

う~ん、なんか
難しそうな簡単そうな。。

で、実際に練習として
あるテーマを間接的に伝えて
それを聞いた人に
当てっこしてもらうエクササイズなどをやりました。

で・・・
実際に「物語」を創ってみるんですよ。

今回はアシスタントですが、昨年
私が受講者として参加した際に
生まれて初めて創った「物語」があるので
未熟で恥ずかしいですが、読んでみて
間接的に伝えている「テーマ」を当ててみてください!

短いのでスグ読めます。
ではいきますよ・・・

■むかし、あるところに小さな坊やがいました。
坊やは、夏休みになると、大好きなおじいさんの家に行って
ひと夏を過ごしました。

そこでは
夜遅くまで起きていても「寝なさい」と言われないし、
好きなテレビを見ることができるし、
炭酸が入ったジュースを飲んでも良かったのです。

まだ小さい坊やが考えつくようなことは何でも、
することができました。

おじいさんは、タクシーの運転手をしていたことがあり、
引退した後は幼稚園バスの運転手をしていました。

車の運転がとても上手で好きだったので、夏になると
坊やをいろいろなところに連れていってくれました。

坊やとおじいさんはドライブの前日、地図を広げて
まだ見たことのないお城の跡や湖、山や川のきれいな景色の場所を
楽しく探して印をつけました。

ドライブ当日、運転するおじいさんの横で
地図を見るのは坊やの仕事です。

おじいさんは、坊やの言うとおりに
道を走り、曲がり、橋を渡ります。

たまに、まだ小さい坊やは地図の見かたを間違うことがありました。
そんなとき、おじいさんは何も言わずに、
坊やの言うとおりに走ってくれて、坊やが道を間違えたのに気付いたら
素早くUターンして、また元の道に戻るのでした。

それから月日が流れて・・・
おじいさんは亡くなり、坊やは大きくなりました。

ふと気付くと、大きくなった坊やは
人を望みの場所に連れて行く「人生のガイド」をしていました。

彼は、人が間違った方向に行くように指示しても、
不思議と腹が立ちませんでした。

彼は、たとえ人が一時は間違った方向を選んだとしても、
必ずいつか気が付いて、元の道に戻ることを知っていたからです。

そして彼自身は、いつでもUターンできる技術を持っているので
方向を変えることが、苦痛ではありませんでした。

人々は、彼のことを「人生の達人(マスター・オブ・ライフ)」と
敬意を込めて呼び、彼は身近な人を大事にして
毎日、幸せを実感する人生を送りました。

以上で、おしまいです。(青葉航・2005年3月12日作)

■さて、この「物語」の「伝えたいこと、テーマ」は何でしょうか?

・答えは一つではありません。
・読んでみて、あなたが感じたものを教えて頂ければ嬉しいです。

ぜひ「コメント欄」に書き込んでください!

お答え頂いた方には
最近、知人のメルマガにて3回にわたって連載された
私が取材されて答えている「プロコーチ・インタビュー」の原稿を
まとめたもの(A4用紙8枚)をもれなくプレゼントしますよ!

楽しみに待ってます♪

「Title」anjo さん
読むと気持ちがほわん、としてくるお話ですね。
タイトルをつけるとすると、うーん・・・
「伝えられていく愛」、かなぁ。
人が生きていく上で必要な英知が
このストーリーに詰まっている気がしました。
(2006/03/21 09:10:25 AM)

航より:「伝えられていく愛」ですか!
anjoさん、早速の書き込みありがとうございました!
「伝えられていく愛」ですか!なるほどぉ。。
お約束通り、インタビュー原稿をお送りしますので
「メッセージを送る」機能を使って
メールアドレスをお伝えください。添付ファイルでお送りします。
(「コメント」で書き込むとアドレスがオープンになってしまうので要注意!)
(2006/03/21 09:55:55 AM)

はのこ さん
こんにちは^^
初めて、書き込みさせていただくのですが・・・
「人から信頼される」また「人を信頼する」ことでの
人との深い結びつき、安堵感のようなものを感じたので、
テーマは「信頼」でしょうか。
(2006/03/21 05:35:59 PM)

「お疲れ様でした~~」kumita さん
ワタルさん、16日間お疲れ様でした!
アシスト仲間のkumi-taです。
となりでたくさんのことをワタルさんから学びました!
私もテーマ宛て参加しますね!
「尊重」ですか?
このお話とってもいいなぁって思いました。
この坊やも知ってます^^
(2006/03/21 10:12:47 PM)

ニコニコゆうこ さん
面白く読ませてもらいました。
私は「価値観のバトン」という言葉が浮かんできました。
これを読んで、愛って信頼で築かれるんだなぁと改めて思いました。
(2006/03/21 11:58:36 PM)

航より:
はのこさん、メッセージありがとうございます!
にこにこゆうこさんの日記からお邪魔しました。
実は昨年9月と今年2月にクリスタルのワークをハワイのマウイ島で受けていまして、
がぜん石に興味が出てきています。いろいろ教えてくださいね!
さて、テーマですが「信頼」を感じられたんですね。
ありがとうございます!よろしかったら私のメールアドレスまで
添付ファイルの受け取れるアドレスからメールください。返信させて頂きます!
(2006/03/22 09:23:35 AM)

航より:「価値観のバトン」、ステキなネーミングですね。
ニコニコゆうこさん、書き込み嬉しいですっ!!
「価値観のバトン」、ステキなネーミングですね。
祖父には本当によいものをもらいました。
槇原敬之さんの歌で同じようなテーマを歌っている曲ご存知ですか?
ちょっと曲名を忘れてしまいましたが。。
(2006/03/22 09:29:27 AM)

「伝えたいこと・テーマ」AKIKO さん
わたるさん、こんばんは☆
答えが一つではない、ということで、感じたまま書きますね。
指示されたり、押さえ付けられることなく、
「自主性・個性」を持った子供が育った、
というお話に思えます。
(会社で言うと、上司の部下に対する姿勢)
そのおかげで「失敗することを恐れない」人に育ったんでしょうね。
時にはジュースを飲み過ぎてお腹をこわしたかもしれない、でも、
机の上だけの勉強や親や他人の指示通りの行動では得られなかった
貴重な経験(「実体験」)こそ、何にも変え難いものですよね。
また、両親はどうしてもわが子には厳しいと思うので、
時々会う祖父母のような方に接して時々甘えて…という、
「メリハリ」みたいなもので、坊やは適度に「緊張感と解放」から脳を鍛えられた。
ある会社で出会った上司が「お前の好きなようにやってみろ」って言ってるようで、
違った環境に身を投じることでの出会いがその人の人生を左右した、
いわゆる「出会いが人生を変える」ということも浮かびました。
(2006/03/22 10:12:38 PM)

「伝えたいこと・テーマ2」AKIKO さん
(続きです)
また、人が間違いを犯しても、
一度はその人の話に耳を傾けたり同意したり、
深い「愛情(信頼)」で接することで、軌道修正したり、
元通りの道を歩める、と言っているようにも思います。
正しいか正しくないかは重要ではなくて、お互い
違う意見を「尊重」してコミュニケーションすることが大切ですよね。
もしかしたら、自分とは違う見解から何か学べるかもしれないし、
私も経験があるので、この話は、奥が深いと思いました。
物語の主人公のような「人生の達人」が増えて、
「人間の歴史」も良い方向に変わって行くといいですね。
「好きなこと」をし、本来の自分の姿、「原点に戻った」主人公が
立派な社会に貢献する大人になった素敵な物語ですよね。
(長過ぎたかな(笑)
タクシーの運転手さんは、人をどこでも好きなところに
乗せて行ってくれる職業ですよね、それを引き継いだとも言える、人生のガイド。
一言で言えば、anjoさんが書かれているように、
このショート・ストーリーこそが、
人生に必要な英知を物語っていると思います。
(2006/03/22 10:13:29 PM)

あっちゃんわん さん
自由で心から安心できる場所、
未知なる世界への好奇心、
人の可能性を信じること、
それが自分の幸せの糧となる
(おまけ:車が好き♪)
思いつくままに書いてみました。素敵な物語ですね。
ここにワタルさんの思いが全て入っているとしたら、すごい言語化力だと思います!
学びのエッセンスがたくさん詰まっています。
私は素直に影響されたので、コーチングテキストのプロローグにでも
してはどうかと思ってしまいました。
ご披露くださってありがとうございました(^^)
(2006/03/23 12:55:47 AM)

航より:「こんど会ったらよろしくお伝えください♪」
kumitaさん、こちらこそお世話になりました!
いろいろなことを一緒に学べて嬉しいです。
テーマは「尊重」を感じられましたか。
私達がジェフから学んだのも「尊重」でしたよね。
ちなみにkumitaさんも「彼」を知っているんですか!
こんど会ったらよろしくお伝えください♪
(2006/03/23 01:00:13 AM)

航より:「勉強になりました。」
AKIKOさん、スゴイです!
すごい考察。勉強になりました。
伝えたいことを的確にキャッチし、なおかつ
それ以上に豊かなイメージを描いてくれましたね!
スバラシイですっ。
(2006/03/23 01:03:10 AM)

航より:「ステキな読み取りありがとうございました。」
あっちゃんわんさん、ステキな読み取り、
ありがとうございました。
コーチングテキストのプロローグ!
そうですね、これから私が書く予定の、
コーチングに関する本に載せたいかも。
気付きに感謝です♪
(2006/03/23 01:07:55 AM)

「人間力かなぁ。。。なんて(笑)」ゆい さん
はい。読んでて、自分の人生をオーバーラップさせておりました。(笑)
間違った方向に行ったとしても、
戻っていく過程で成長し、知恵をつけていくわけですね。
そして進んでいったら、間違った方向だと思っていたところにも
ちゃんと行き着いてたりして。。。。(笑)
まあ、間違いはない、ということなのかな。
(2006/03/23 12:42:26 PM)

航より:「人間力」ですか!
ゆいさん、書き込みありがとうございます。
ご自分の人生をオーバーラップされたんですね。
そもそも「間違った方向」というのは無い、
ということかもしれませんネ。
(2006/03/23 03:12:57 PM)

「テーマは」あんり さん
とってもいい話ですね。これは絵本になる匂いが。(笑)
読んでいて一番頭に思い浮かんだのはおじいさんの笑顔でした。
もしかしてこの小さな子は航さん?なんて思いながら読みました。
テーマは相手を受け入れるということ。
とか人生をすべてを信頼できるものは幸せになる。
だと思いました。
おなじようなことをどっかの本でも読んだきが。
幸せな人に共通することなんでしょうね。
(2006/03/23 11:54:26 PM)

航より:
あんりちゃん、メッセージありがとう!
なるほどねえ
「相手を受け入れるということ」
「人生をすべてを信頼できるものは幸せになる」ですか!
すべてを信頼できる・・・というのは深いですねえ。
(2006/03/25 11:35:08 AM)

プロ起業コーチ 青葉 航
ワクワク好きな仕事をして、
十分な豊かさがあって、
周囲に喜ばれる生き方をしよう!

 
あなたが持って生まれた
「強み・才能」を引き出し、
起業・経営マネジメント力をアップする
コンサル・研修を提供しています。

起業支援歴24年の経験を活かし、
・転職
・フリーで独立
・店舗開業
・会社やNPOの起業
などを「人生の転換期」で
準備するあなたの
安心できるサポーターとして活動中。