【プロ起業コーチの問いかけ・第1回】あなたを無条件に愛し、力づけてくれた人は?

プロ起業コーチの問いかけ・第1回

「あなたのことを無条件に愛し、力づけてくれた人は誰ですか?」

解説とエピソード

あなたの人生のなかで、
ジワジワと地熱のように
あなたをあたためてくれた、力づけてくれた、
そんな存在がいらっしゃるのではないでしょうか?

先日お会いした元経営者の方は、
最初に勤めた会社で一緒だった7つ年下の後輩が、
7年もの間、会う度に「あなたは独立したほうがいい」と
勧め続けてくれたそうです。

最終的にはアドバイスに従って起業された訳ですが、
その元経営者の方は、
「あの人は私の師匠、恩人や!」と言われていました。
「なぜそこまで無償で言い続けてくれたのか分からない」と。

私の場合、一番に挙がるのは
母方の祖父・青葉謙三郎(故人)でしょうか。

元バスやタクシーの運転手で、戦争中は輸送部隊に居たそうです。
まだ車が珍しい時代のこと。

祖父が引退後に、まだ幼かった孫の私を連れて
よくドライブに連れていってくれた思い出があります。

二人で地図を広げて目的地を決めた後、
私が地図を見てナビゲーター役をするのですが、
まだ幼いですから、よく道を間違います。

ところが、祖父は文句も言わず
黙って私の言う通りの道を走ってくれました。

間違ったら二人でUターンして、
また目的地を目指すのです。

プロですから、時にはきっと
「道が違うこと」に気付いていたと思います。
しかし、何も言わずにつきあってくれました。

祖父は私のことを
心から「尊重」してくれていたと思います。

その裏側には、運転に関する技術の裏づけもありました。
Uターンして引き返すことが苦ではないんですね。

私のことを愛してくれて、運転そのものも大好きでした。
車を大事にして、丁寧に手入れをしていました。
パンクの修理も自分でしていました。

自分のやっていること、人生を楽しみ、
人を尊重し、さりげなく間違いをリカバリーし、
相手が目的地に向かうのをサポートする。

祖父は私にとって、
「コーチ」という在り方の原点なのだと
ある時に気付きました。

「起業」に関する
コーチングやセミナーをしていると、
「何をやればいいのか分からない」
「自分の使命を知りたい」
という方に多く出会います。

私自身も、
「これが使命だ!」と
確信があるわけではありませんし、
これまでにお会いした起業家たちだって
迷いが無い人はいませんでした。

けれども、大切な人が見抜いて、導いてくれることがあります。
ふとした時に、周囲の人が教えてくれることがあります。
普段は見逃しているメッセージが何かありませんか?

あなたの場合はいかがでしょう?

「あなたのことを無条件に愛し、力づけてくれた人は誰ですか?」

→答えや気付いたこと、感想などを
コメントにてお寄せください!

◆前回(創刊準備号)の問いかけ
「あなたの人生におけるターニングポイントは?」

【トシさん】
僕の転機になったことは、一番は、創業から共にした会社を
必ずしも前向きでない形で去ることになったこと。
これは、自分の人生観を形成する上で、そして自然と自分の今を
客観視できる最初(?)の機会になったかな。
僕のように易きに流れやすいタイプは、強制力との出会いが
転機になるのもかもしれないな。と思いました。
質問に考えるっておもしろいね。

【かつみさん】
前回紹介されていた『人生の意味』という本は、
お気に入りのシェフのお店に何気なく置かれていて、
「これは買わないといかん!」と本屋に駆け込んで手に入れた本です。
後日、お店に私のキャリア・カウンセリングの恩師をお連れしたのですが、
実は先生にとってもこの本が意味深い本だったらしく、3人で
びっくりした思い出があります。雑事に追われて自分のテーマを
見失いがちになったとき、私が手にする本の一つです。

→投稿ありがとうございました♪(航)
※スペースの関係で一部を編集しています。

今回の問いかけ関連のオススメ本&映画

★『この世で一番の奇跡』
オグ・マンディーノ著、PHP文庫

私がコンサル会社の社長を辞めて独立しようか思案していた頃に、
そんな私の姿を知ってか知らずか、心ある知人が贈ってくれた本です。
仕事には成功しているが、心身が疲れ果てていた主人公の社長と、
「人を甦らせること」を仕事にしている不思議な老人との出会いによって
起きた「奇跡」とは・・・?「神の覚え書き」を100日間読むという課題を、
私自身が独立前後の3ヶ月間実行した覚えがあります。

★『いのちのバトン』
志村季世恵著、岩崎書店

「バースセラピスト」として、さまざまな状況でいろいろな悩みを背負う
人々の心のケアをしている筆者が、患者と関わる中で学んだことを
綴っています。「ありのままの自分を受け入れて、今の自分を愛し、そこ
からスタートする」ということの本当の意味が伝わってきます。
一章読むごとに、私はなぜだろう、号泣してしまいます。。

★『ニュー・シネマ・パラダイス』(映画)
ジュゼッペ・トルナトーレ監督、角川エンタテインメント(DVD)

映画監督として成功した主人公が、幼い頃に過ごした故郷の町を訪ね、
映画技師の老人との心の交流を描いた作品。私自身が最初に観たのが
予備校に通う大学浪人時代だったせいもありますが、何度観ても感動。
少年と老人の心の交流、映画への愛、やがて映画を仕事にする少年、
「ライフワーク」の原体験を描いている名作だと思います。

あとがき

年明け1/1~6まで、
カナダのバンクーバーに行きました。

カナダは以前から行きたい国の一つで、
夢がひとつ叶いました♪

しかも1/3には現地の日本人向けに
「セルフプロデュース・コーチング」というセミナーを開催し、
ゲスト講師として「価値観のワーク」と「スケジューリングのコツ」を
お伝えすることができました。

参加してくださったのは、
セラピスト、法律関係、歯科技工士、美容師、コーチなど
いずれも海外で働くことを選択し、移民して現地に根差しながら
自己実現しようという意欲に溢れた方々でした。

・・・自分の中で、静かな感動がありました。

原点に戻り、勇気を持って自分らしさを追求し、
自分のワクワクすること、できること、貢献できることを
積み上げていけばよいのだ、と改めて気付きました。

今後とも、よろしくお願いします!(航拝)

ワクワク好きな仕事をして、
十分な豊かさがあって、
周囲に喜ばれる生き方をしよう!

あなたが持って生まれた
「強み・才能」を引き出し、
起業・経営マネジメント力をアップする
コンサル・研修を提供しています。

起業支援歴25年の経験を活かし、
・転職
・フリーで独立
・店舗開業
・会社やNPOの起業
などを「人生の転換期」で
準備するあなたの
安心できるサポーターとして活動中。

>プロ起業コーチ・青葉航

プロ起業コーチ・青葉航

あなたの自立と独立を支援するプロ起業コーチ。
1972年1月生まれの48才。
起業支援歴25年、コーチング歴20年の専門家。

主に独立・起業・新規事業立ち上げ、転職など
ビジョンを現実化させ、人生をステージアップする支援をしている。
「好きなコトをして、
 満足な収入があって、
 周囲も喜ぶ」生き方を!
・・・そろそろ、あなたも始めませんか?

CTR IMG