連載コラム

【プロ起業コーチの問いかけ・第13回】あなたは誰に応援されていますか?

プロ起業コーチの問いかけ・第13回

「あなたは、誰に応援されていますか? 誰を応援していますか?」

解説とエピソード

こんにちは!プロ起業コーチの青葉 航です。
いつもお読み下さり、ありがとうございます。

この時期、桜を見ると
いつも私が思い出すのは、小学校の恩師のK先生です。

さてK先生には、私が小学校5・6年生の2年間、
クラス担任の先生としてお世話になり、
また課外活動のサッカー教室でも指導をうけていました。

当時K先生は20代だったと思いますが、
とても誠実で情熱的な、
人間的にバランスのとれた魅力的な人でした。

小学校時代の私は、走るのが速くて運動好きでしたが
本を読むのも大好きで、どちらかというと大勢で遊ぶよりも
気心の知れた特定の友達と一緒に過ごしていました。

ノンフィクションや自然科学系の本を読むのが好きでしたので、
理科や社会などの科目は
ほとんど勉強しないでも自然にできていました。

一方、課外活動のサッカーは4年生から始めたのですが、
すでに1年以上前から始めている子には技術的にかなわず、
あまり自信を持ってプレーできていなかったように思います。

これを読まれているあなたは、
どんな子どもでしたか?

私の強みは、当時校内で一番速かった足の速さ。

K先生は、サッカーボールを扱う技術的には拙い私の
走るスピードの速さを見込んでくれて、
レギュラーメンバーとして試合に出してくれました。

また、ペナルティキックやコーナーキックなど、
置いたボールを蹴り出すプレースキックの練習をさせ、
ここという場面で起用してくれました。

おかげで、同点で試合を終えた後に
各チームから選抜されたキッカーが蹴り合う「PK合戦」では
5人のうち4番目か5番目という重要な順番で蹴ることになり、
チームの勝利に貢献することができました。

どちらかというと、プレー自体には自信の持てなかった私が
それなりに良い思い出をサッカーに対して持つことができたのは
今から思えば、
K先生がそれぞれの生徒の長所を見抜き、適材適所で起用して
エンパワーメント(力を引き出す)してくれたからではないかと
思うのです。

このように、人に対してポジティブな期待を持ち、
「できる」という前提で接することを
「ピグマリオン効果」といいますね。

「できるはずだ」という期待を持ってくれているから、
できてしまう。

当時の私は、K先生からのポジティブな期待をうれしく思い、
気持ちよくプレーすることができていたのだと思います。

「できていない部分を直す」というより、
「長所を見つけて、さらに伸ばす」という指導法ですね。

あなたの周りにも、
そんな先生や大人がいらっしゃったのではないですか?

そして、小学校卒業後に、なんと
K先生からの最大のプレゼントが届いたのです。

それは、新しく入学する中学校の入学式で
私が新入生代表として「誓いの言葉」を
スピーチする、という大役でした。

私の通う中学校は、3つの小学校からの生徒が集まり、
1つの学年で10クラスもあるような大きな学校でした。

小学校を卒業した後の
ある3月末の春の日。

私は独り、これから入学することになる中学校に
スピーチの打ち合わせのために向かいました。

春のおだやかな日で、
鼻をくすぐるような独特のあたたかい空気。

校門の桜が七分咲きで目に入ってきたこと、
内面ではとてもドキドキしていたことを
よく覚えています。

職員室にノックして入ると、すごい広さ。
担当の先生以外は誰もいない部屋に
たくさん机が並んでいました。

原稿用紙に書いてきたスピーチ案をチェックされただけで
打ち合わせはあっけなく終わり。

帰りがけに
また校門の桜を見て、ホッと安堵しました。

その数日後、入学式でのスピーチは無事終わり、
3年間の中学校生活が始まったのです。

小学校での私は、どちらかというと目立たない子で
ものすごく成績が良いというわけでもなく、
クラス委員などをしていたわ
けでもありませんでした。

人前で発表することも苦手に感じていました。

今でも、
「なぜあのとき私が選ばれたのか・・・?」と
不思議に思うところがあります。

後で聞いた話によれば、
小学校の4クラスの担任の先生が集まって会議した結果、
私が推薦されたとのこと。
もちろん、推してくださったのはK先生でした。。

あれからちょうど今年で25年になりますが、今でも、
桜を見て、春のあたたかい空気を吸い込むと
あの春を思い出します。

さて、
あなたの場合は、
いかがでしょう?

「あなたは、誰に応援されていましたか?」

または、

「現在、誰に応援されていますか?」

さらに、

「誰を、応援していますか?」

ポジティブな期待を持って人に接することが、
どれだけ自他にとってのギフトになるか、
それが後に大きな影響となって現れるかに
どうか、思いを馳せてみてくださいね。

プロ起業コーチ 青葉 航
ワクワク好きな仕事をして、
十分な豊かさがあって、
周囲に喜ばれる生き方をしよう!

 
あなたが持って生まれた
「強み・才能」を引き出し、
起業・経営マネジメント力をアップする
コンサル・研修を提供しています。

起業支援歴24年の経験を活かし、
・転職
・フリーで独立
・店舗開業
・会社やNPOの起業
などを「人生の転換期」で
準備するあなたの
安心できるサポーターとして活動中。