青葉航メッセージ

(株)SPM代表退任のご挨拶【2004/3/1】

2004年3月1日「株式会社SPM 代表退任のご挨拶」

いつもお世話になっている大切な皆さま
中村 航です。

じつは、2月末をもって
5年ぶりの転機を迎えることになりました。

昨年末からオーナーに相談していましたが
いまの会社(SPM)の代表を2月末で譲って、
最後は自分の意志を押し通す形で
「卒業」させて頂き、飛び出すことになりました。

以下、ちょっと長くなりますがご挨拶です。

思い返せば
大学卒業後、投資会社の(株)日本アジア投資で4年勤務した後、
1999年4月からいまのサンワールド・グループでお世話になりまして
今年の3月末で丸5年になります。
その間、非常に密度の濃い日々で、本当にあっという間でした。

代表を務める(株)SPMについては、
2月末で7期目の決算を迎えますが
昨年(2003年)は9月と12月に日経新聞で記事が掲載されたり、
社内の人材が成長し、人材募集に対して200名を超える応募があったことなど
現在の追い風な環境に全く不満はありません。
むしろ非常に感謝しています。

しかしながら、もともと
5年前に日本アジア投資の退職を決意した理由というのが、
東京に戻って自分で事業を立ち上げたいということがありました。

これまでグループの東京進出・新規事業立ち上げに全て参画させて頂き、
100%子会社の(株)SPMの代表を担えるのは
とてもやりがいのあることだと感じていますが、
一方で自分の気持ちに正直になり、一度全てをリセットし、
「自分のルール」に従って生きてゆくための準備期間を
最低数ヶ月は確保したいという気持ちが抑えきれなくなってきました。

東京でこの5年間にお会いした人の数は
名刺を整理したところ2,000人を超します。

そうした中で皆さまに巡り会い、幾多の時間を共有できたことに
深いご縁を感じておりますし、自分がここまで来れたことは、
有形無形のご支援を頂いたからに他なりません。
心より、感謝致しております。

子会社とはいえ、15名の社員を抱える会社の代表として
経済的にもある程度は安定した地位を手放すことができたのは
「自分の内にある力」を心から信じることができるようになったことが
大きいと思います。

ある方から、
「あなたの生まれ持った力は陽土の働きである。
陽土とは母なる大地、根雪をゆっくりと解かしていく力。
常に人や環境がどうしたらもっと良くなるかを考えている。
周囲の環境を一回りも二回りも形を変えて大きくする力を持っている。
それを使うと人から信頼が生まれていく。
まだまだその力を使いきっていない。
この10年で腰を据えて本物になりなさい!」
と諭されました。本当に有り難いことです。

この3・4・5月は
普段仕事をしながらでは
なかなかできないことを実行するつもりです。

社会人9年間の経験を文章にしたり、メルマガで広く紹介したり、
ヨーロッパを中心に海外のいくつかの地域を巡ったり、
次の5年間、10年間のビジョンを描いたりしたいと思います。

数ヶ月間の充電の後は、
会社をつくるのかプロジェクトに参加するのか、
どのような形になるか、今はあえて決めずに先入観を捨てて
できるだけの可能性を探ってみたいと思っています。

忙しさを理由になかなかお会いできなかった事もありますので、
何かヒントになりそうな人や情報、
お手伝いが必要な仕事・プロジェクトがありましたら、
お気軽にご連絡ください。

長くなりましたが、お世話になった方に
まずはお礼とご報告をしようと思った次第です。
またお会いしてお話しできますのを楽しみに致しております。

プロ起業コーチ 青葉 航
ワクワク好きな仕事をして、
十分な豊かさがあって、
周囲に喜ばれる生き方をしよう!

 
あなたが持って生まれた
「強み・才能」を引き出し、
起業・経営マネジメント力をアップする
コンサル・研修を提供しています。

起業支援歴24年の経験を活かし、
・転職
・フリーで独立
・店舗開業
・会社やNPOの起業
などを「人生の転換期」で
準備するあなたの
安心できるサポーターとして活動中。