起業

歯医者でインスパイアされたこと

今日は一年半ぶりに歯医者に行きました。
そこでインスパイアされたこと、考えたことを書いてみます。

歯科って、ここ10数年で
かなりサービスが進歩した業種ではないでしょうか。

というのは、皆さんはどうかわかりませんが、
私は小学生の頃からよく虫歯になっては
歯医者に行っていたんです。

→ここからしばし回想シーン。

そこは、年配の先生が一人でやっている古ぼけた医院で
受付もなく、入ると奥の診察室から
「どなた~?」
と先生の声がかかる、という具合。

診察室には映りの悪いテレビがあって、夕方に行くと
当時は「大岡越前」とか「水戸黄門」などの時代劇や
「太陽にほえろ」などの刑事もののドラマの再放送をやってました。
(懐かしい~)

待合室からでも聞こえる大きなボリュームで、
先生は治療をしながら時折、画面に目をやったりしてるんです。
優しい先生なのですが、ぶっきらぼうなところがあって。
今思えば、きっと口べただったんでしょうね。

それが、ある時、マンションに立て替えて
1階部分にキレイな歯科クリニックが入りました。
先生が引退して、息子さんが跡を継いだんですね。

私は中学校以降は虫歯もなく、
ほとんど歯医者にいかなかったので、立て替えたことすら
知りませんでした。

プロ起業コーチ 青葉 航
ワクワク好きな仕事をして、
十分な豊かさがあって、
周囲に喜ばれる生き方をしよう!

 
あなたが持って生まれた
「強み・才能」を引き出し、
起業・経営マネジメント力をアップする
コンサル・研修を提供しています。

起業支援歴24年の経験を活かし、
・転職
・フリーで独立
・店舗開業
・会社やNPOの起業
などを「人生の転換期」で
準備するあなたの
安心できるサポーターとして活動中。